ビンゴ大会

こんにちは きっずラボ袖ケ浦です。

 

17日(月)に五井事業所と合同ビンゴ大会を行いました。

 

 

挨拶をした後はビンゴの説明をみんな真剣に聞いていました。

 

 

1から75までの好きな数字を紙に書いていきます。

 

 

ルーレットは自分のタイミングで押します。

 

「当たった!」と一番にビンゴになった児童はきっずラボ袖ケ浦のお友達。

その後、続けて袖ケ浦の児童がビンゴになり、勝負強さを感じる瞬間でした。

 

 

おやつは一緒にすいかを食べました。

 

交流を重ねるごとに「またね!」という言葉が児童から自然と聞こえてきたり、

嬉しい変化がたくさんありました。

 

☆きっずラボ袖ケ浦☆

 

前の記事

すいか割り

次の記事

スライムづくり